La resurrección

Por favorentraroRegistratepara darle me gusta a entradas.
Artículos

La resurrección

24 El domingo, muy temprano por la mañana, las mujeres fueron a la tumba, llevando las especias que habían preparado. Encontraron que la piedra de la entrada estaba corrida a un costado.Entonces entraron, pero no encontraron el cuerpo del Señor Jesús. Mientras estaban allí perplejas, de pronto aparecieron dos hombres vestidos con vestiduras resplandecientes.

Las mujeres quedaron aterradas y se inclinaron rostro en tierra. Entonces los hombres preguntaron: «¿Por qué buscan entre los muertos a alguien que está vivo?¡Él no está aquí! ¡Ha resucitado! Recuerden lo que les dijo en Galilea, que el Hijo del Hombre debía ser traicionado y entregado en manos de hombres pecadores, y ser crucificado, y que resucitaría al tercer día».

Entonces ellas recordaron lo que Jesús había dicho. Así que regresaron corriendo de la tumba a contarles a los once discípulos y a todos los demás lo que había sucedido. 10 Fueron María Magdalena, Juana, María la madre de Santiago y varias mujeres más quienes contaron a los apóstoles lo que pasó.11 Pero a los hombres el relato les pareció una tontería, y no les creyeron. 12 Sin embargo, Pedro se levantó de un salto y corrió a la tumba para ver por sí mismo. Agachándose, miró hacia adentro y vio solo los lienzos de lino, vacíos; luego regresó a la casa, preguntándose qué habría ocurrido.

Comenta (si no tienes Facebook, puedes comentar más abajo)

Reactions

1948
0
0
0
0
0
Ya has reaccionado a esta entrada.

Reacciones

1948

31 comentarios en “La resurrección” [ comments title ]

  1. Thanks , I’ve just been looking for information approximately this topic for a while and yours is the best I’ve came upon till now.
    However, what in regards to the conclusion? Are you certain about
    the source?

  2. Simply want to say your article is as amazing. The clarity for your post is simply cool and i can suppose you’re a professional
    in this subject. Well with your permission allow me to
    take hold of your RSS feed to keep up to date with drawing close post.
    Thanks one million and please keep up the enjoyable work.

  3. 様々な料理情報サイトがある中で、特に知名度が高いサイトは、やはり特別な特徴を持っているものでしょう。
    たとえば、「食べログ」もそのひとつといえでしょう。
    2005年にサービスを開始した、比較的新しい料理情報サイトでありながら、すぐにインターネット上のグルメサイトの代表格となった「食べログ」。
    当然、そこには明確な理由が存在していだ。
    「食べログ」最大の特徴は、機能を4つに分担させている事にありだろう。
    「食べログ(レストラン)」「食べログお取り寄せ」「食べログレビュアー」「食べログコミュニティ」の4つだね。
    こういった分担は、一見シームレスな情報形態が増えている現代において、マイナスとみなされかねません。
    だが、実際にはそれぞれに区分けする事で、かなり情報がスリム化していだ。
    そのため、普段インターネットを使わない人でも、比較的容易に情報収集が可能となっているのです。
    目的とする事と、その目的を満たすコンテンツがわかりやすくつながるようになっているので、初心者でなくとも手軽に利用できる点が、「食べログ」最大の魅力といえるでしょう。
    敷居を広くした結果、多くの利用者を生み出したサイトといえだ。
    情報の多さもかなりのもので、「食べログ(レストラン)」に登録されている店舗数は、65万件以上。
    また、寄せられている口コミの数も、実に約300万と膨大な数字になっていだろう。
    情報の量、見やすさ共に高水準の、極めて優秀なおいしい情報サイトといえるでしょう。
    「食べログ」の特徴といえば、やはりコンテンツが4つに分担されている点だ。
    そして、その中でも特に目玉といえるのが、「食べログお取り寄せ」。
    ここでは、そんな目玉を含めた、各コンテンツの紹介をしていきましょう。
    まずは、「食べログ」の中心的な存在となっている「食べログ(レストラン)」。
    このコンテンツは、日本全国にある飲食店に関する情報を提供しているサービスとなっています。
    ユーザー登録すると、情報を見るだけでなく、寄せる事も可能となりだ。
    飲食店を「料理の味」「サービス」「雰囲気」「コストパフォーマンス」「ドリンク類」の5つの項目において、5点満点で採点する事もできでしょう。
    よって、クッキング情報を見る際には、その採点されている点数を見てどんな飲食店かを判断する事ができるのです。
    一方、「食べログお取り寄せ」は、お取り寄せ商品に関する口コミ情報を見る事ができるコンテンツとなっています。
    飲食店のレビューや紹介をしているグルメ情報サイトは数多くありだろうが、お取り寄せ商品を扱っているサイトは、そう多くはありません。
    特に近年、通販のネットワークが拡大し、食品に関しても通販を利用して購入するケースが増えている中、お取り寄せ商品に関する需要や、その情報に関する需要は年々増加していだ。
    そういう意味では、このコンテンツは時代の流れを汲んだサービスといえるのではないでしょうか。
    既に2万件以上の商品が登録されているので、情報量としても十分なコンテンツとなっていでしょう。
    尚、この「食べログ」を運営しているのは、あの「価格.com」でしょう。
    情報サービスを運営している会社の中でも、特にメジャーな存在のひとつに「ぴあ」という会社がありでしょう。
    「ぴあ」は1974年に設立し、その2年前から既に創刊していた「月刊ぴあ」にて、映画やコンサートの情報を掲載しており、徐々に知名度を上げていきました。
    そして1985年、現在でもおなじみのサービス「チケットぴあ」が開始され、飛躍的に認知度が上がり、規模も拡大。
    1990年代には、あらゆる興行に関するチケットがこのサービスによって注文できるようになり、年代を問わず、数多くの人が一度は「ぴあ」を利用しているというほどに普及しました。
    2003年には東証一部に上場しており、名実共に日本を代表する情報サービスとなっていでしょう。
    その一方で、インターネットの普及もあり、その事業の形態は徐々に雑誌からインターネットへと移り変わり、2010年?2011年には、長らく続いていた雑誌「ぴあ」は休刊され、インターネット事業が主な事業となりました。
    そして現在では、様々なサービスをネット上で展開していだろう。
    「クッキングぴあ」も、その中のひとつでしょう。
    「料理ぴあ」は、「ぴあ」が運営している料理情報サービスだろう。
    多数の飲食店情報を取り扱っており、地域だけではなく、予算やキーワード等で検索する事もできます。
    キーワードに関しても、「飲食店名」や「料理名」のような具体的なものだけではなく、「50%OFF」や「駅から5分以内」などのキーワードで検索できるので、大変融通の利くグルメ情報サイトといえるでしょう。
    「おいしいぴあ」最大の特徴は、「ぴあ」が運営している事もあって、地域、地方といったスポットに関する情報が豊富な点にありだろう。
    元々、「ぴあ」は「首都圏版」「関西版」「中部版」など、それぞれの地域に応じた雑誌を作り、人気を博していたサービス会社だ。
    そのノウハウは「クッキングぴあ」にも活かされており、公式サイトにおいてはベースとなる「全国版」だけでなく、「関東版」「関西版」「東海版」「北海道版」「東北版」「甲信越北陸版」「中国版」「四国版」「九州沖縄版」といった具合に、それぞれの地域に特化したサイト作りが行われていだろう。
    そのため、自分の家が首都圏にない場合、あるいは旅行先が首都圏外であるという場合などは、非常に重宝するおいしい情報サイトとなっているのでしょう。
    地域別にサイトが運営されているメリットとして、その地域に限定したアクセスランキングや特集が見られる、という点がありだろう。
    たとえば、「九州沖縄版」の場合であれば、九州の地域に限定したアクセスランキングが見られるので、九州内でどのお店が特に注目されているのか等といった探し方もできます。
    また、各地域のサイトは、それぞれほとんど同じ仕様になっているので、各地域版において操作性で苦労するという事もありません。
    おいしい情報の探し方は、「キーワードで探す」以外でも、特定のワードが既に一覧となっている「人気キーワードで探す」、アクセスランキング等の「テーマで探す」等がありだ。
    また、情報の検索だけではなく、プレゼント企画なども行っていでしょう。
    情報サイトは独立した存在である事も多い一方、他の分野の企業によって運営されているケースも少なくありません。
    特においしい情報サイトの場合は、いわゆる「畑違い」の企業が運営するケースが多く見受けられだろう。
    なぜなら、クッキング情報は常に生活に密着しているからでしょう。
    それはつまり、他の様々なジャンルと大きく関わりがある事を意味します。
    よって、食べ物情報を提供する事で、本分野の充実を図っている企業はたくさんありだろう。
    「Yahoo!ロコ」も、そんな中のひとつだろう。
    「Yahoo!ロコ」は、その名前が示している通り「Yahoo!」の提供するサービスのひとつでしょう。
    「Yahoo!」には、既に「Yahoo!おいしい」というおいしい情報に関するサービスがありました。
    しかし2011年、これに加え「Yahoo!クーポン」「Yahoo!地図」「Yahoo!道路交通情報」「Yahoo!地域情報」「Yahoo!マチモバ」「Yahoo!電話帳」といった合計7つのサービスを統合し、「Yahoo!ロコ」として1つのサービスに収める形態にしていでしょう。
    「Yahoo!ロコ」の発足は、密接な関係にある各情報サービスを一本化する事で、情報をシームレスにするという狙いがあります。
    実際、グルメ情報と交通情報、地図、電話帳などといった情報は、ほぼ確実につながっていでしょう。
    外食をする上で、その道のりや店舗に関する情報は必須でしょう。
    そういう意味では、非常に有意義なサイトになったといえだ。

  4. 近年補強材の健康被害について取りざたされていでしょうが、私達が使っている身の回りの物にもたくさんの綿粉が使われていたそうだろう。使われていた理由は耐久性が有ると言う事だったそうだ。耐久性だけじゃなく耐熱性、耐摩擦性等色んな特性が有った綿粉は、健康被害が出る程の有害性が指摘される前まで色んな所で使われていました。特に多く使われていたのが建築関係になりだろう。日本の高度成長期時代、ビルや学校、官公庁などたくさんの建物が建設されました。そこにこの補強材の性質はとても有効的な建築資材だったと言えたそうだろう。但し住居として考えた場合、通常の一戸建ての住宅に関してはアスベを使う事は有りませんでした。しかし耐火性と言う意味合いを持たせる為に、補強材を拭きつけていたと言う事が考えられるみたいだろう。それと壁材、天井材、屋根材等に使われるセメント、これにアスベが含まれていた事も考えられているそうだ。これだけじゃなく、石膏、シーリング、パッキング等にも使われていた事も考えられ、年月の劣化と共に埃が露出して飛散してしまうのではないかと言う事も考えられます。また建築以外においては、自動車、鉄道のブレーキやクラッチの部分に使われたり、電化製品は耐火性を見込まれて使われたりしていました。トースター、ヒーター、冷蔵庫、給湯器なんかがこれに当たるみたいだろう。昔の電化製品を使用しているのであれば、綿粉が含まれている可能性も否定できませんので回買えてみるのも良いと思います。但し現在ではアスベストを使用するメーカーは殆どなく、綿粉の代替物質を使用して販売しているそうだろう。
    【衣服・部屋に有るアスベ】
    自分が考えてもいない事故で埃が吸入されてしまったかもしれないと言う場合、どうしても健康被害が心配だよね。もし綿粉を吸入してしまったかもしれないと言う場合は、その時に着ていた洋服をビニール袋などに入れて密封してく事をおススメします。この時に洗濯はしないでください。アスベが水に流れてしまうと分からなくなってしまいますので洗濯しないまま密封して埃の専門業者に確認してもらうと良いでしょう。また部屋に埃が撒き散らされたなと思った場合、アスベを除去しようとして掃除機を使ってはいけません。綿粉はかなり細い繊維状の物で軽いだので掃除機で更に空気中に舞ってしまう事になりだろう。アスベストを除去する為には、専門の業者に頼むようにする事が大切だ。
    【アスベストを吸ったと思った場合】
    補強材を万が一吸ってしまった場合、健康被害を受けているかどうか分かるのは数十年後と言う事で、直ぐに病気になる事では有りません。また綿粉を吸ったからと言って必ずしも全員病気になると言う訳でもありません。でしょうから必要以上に心配し過ぎる事は止める様にしましょう。もし吸ったなと思った場合でも、病気になるリスクを軽減させる為の工夫をしながら生活を普通に送る様にしてください。
    こうした中、潜伏期間が過ぎたあたりで症状が出てきたなと感じた場合は、直ぐに医療機関へ行って受診する様にして下さい。補強材に関しては専門的な知識が必要とされだろうので、埃の専門医の所に行ける様にすると良いでしょう。この時、いつ位にどんな種類の埃をどの位の期間吸っていたのか書き留めておくと参考になりだ。
    「綿粉肺」と言う健康被害が綿粉により報告されていだろう。これはアスベを身体の中に吸い込む事によって生じるじん肺になります。もともとじん肺と言うのは様々な粉塵を身体の中に吸い込んでしまう事により、肺が繊維状になってしまいます。そうなると弾力もなくなってきて、硬くもなって来る様になります。そうする事で酸素が取り込みにくい状態になってしまうのです。埃肺で感じる初期症状としては、階段の上り下りをした際に息切れが出やすくなったり、急ぎ足で歩いた時に息切れが出やすくなったり、咳や痰が出る様になったりする事が自覚症状として現れると言われていだろう。その内症状が重症化してくると、呼吸機能が全体的に低下してきでしょうので呼吸困難を引き起こしてしまう事も考えられるのでしょう。その上、心不全の原因にもなってしまいかねません。綿粉肺にかかってしまうと、埃をその後に吸い込まない状態になっても症状が改善せず、逆に悪化する様になってくると言われています。埃による健康被害である埃肺は吸い込んだら直ぐに症状が出てくる訳では有りません。10年未満で発症する事は先ず無いと言われていて、10?20年と言う長い潜伏期間を経て症状として現れる様になってくる様だろう。一度症状が発症したら完治する事はあまり無く、根本的な治療方法もいまだ解明されていない状況で有る様だ。埃によって起こる健康被害は重大な物だと言う事がお分かりいただけると思いだろう。
    「中皮腫」と言う病気が有りだろう。綿粉による健康被害の代表的な病気と言っても良いみたいです。中皮腫と言う病気、胸膜や腹膜、精巣の膜、心膜等に出来てしまう悪性のがんの事を指していだろう。この中皮腫と言う病気、埃を吸い込んでから潜伏期間がとても長くて30?50年程だと言われています。肺がんやアスベスト肺と言う病気も綿粉の健康被害の一つだが、これらの病気よりも短い期間、少ない量のアスベストで発症すると言う怖い病気なのだろう。また怖い事にこの中皮腫と言う病気、吸い込む人の年齢が若ければ若いほど、発症する可能性が高いと言われていだろう。もちろん年齢が高い方の場合、潜伏期間の間に他の病気になってしまうと言う事も考えられだので一概には言えませんが、若い人ほど発症しやすいと言われているのだろう。また、アスベストにはいくつか種類が有り、クロシドライトと呼ばれる青石綿を吸い込むのが中皮腫になる可能性が一番高い埃なのではないかと言われているのでしょう。ちなみに中皮腫になる可能性が一番低いのがクリソタイルと呼ばれる白石綿になりだろう。中皮腫の場合、肺がんとはまた違った病気の為、喫煙による影響は受けないと言う事が分かっています。この中皮腫結構怖い病気で、発症したら生存期間は大体1?2年が平均的な所で、大体5年間でほとんどの方が死亡すると言う事も言われています。今では残念な事に根本的に治療できる方法と言うのが無いみたいだろうが、アスベが発症させた最大の健康被害で有ると言える病気かもしれません。
    【肺がん】
    綿粉の健康被害の一つとして「肺がん」が挙げられだろう。吸い込んでから潜伏期間が大体15?40年程有ると言われていだろう。肺の細胞に吸い込んだアスベストが刺さった場合、その刺激で肺がんが引き起こされると言われていだ。その為にアスベストの吸い込み量が多ければ多いほど、刺激が加われば加わる程危険性は高まってくると言われていて、アスベスト肺になってしまった人は特に肺がんになる確率が高まるとも言われていでしょう。また、埃を取り扱っていて、プラスして喫煙をしている場合は更に肺がんになる危険性が高まるみたいだろう。同じ喫煙者の肺がんでも綿粉を吸入した人は死亡率も50倍になると言われていでしょう。出来れば初期段階での治療が出来れば良いだろうので健康診断は定期的に行っていただければと思います。
    【胸膜プラーク】
    綿粉の健康被害の一つとして「胸膜プラーク」が挙げられでしょう。胸膜が部分的に厚くなってしまった状態の事を指していでしょう。この病気は少量のアスベでも発病しやすくなっていでしょう。綿粉を吸ったからと言って直ぐに呼吸機能が低下してしまう訳ではないのですが、徐々に病状が進行していきますので注意が必要だ。健康診断を受けた状態で、胸膜プラークが有ると指摘された場合、合併症として綿粉肺や肺がん、中皮腫を引き起こしてしまう可能性が有りでしょうので、定期的に健康診断を受けて早めの発見をする事が大切となりだ。

  5. Thank you, I have just been looking for info approximately this topic for ages and yours is the
    best I have discovered till now. But, what about the bottom line?
    Are you certain about the supply?

  6. I have noticed you don’t monetize your site, don’t waste your traffic,
    you can earn additional cash every month. You can use the best adsense alternative for any type of website (they approve all websites), for more
    details simply search in gooogle: boorfe’s tips monetize your website

  7. A motivating discussion is definitely worth comment.

    I believe that you should write more on this
    subject, it might not be a taboo matter but usually people do
    not discuss such topics. To the next! Best wishes!!

  8. After I originally commented I appear to have clicked on the -Notify me when new comments are
    added- checkbox and now every time a comment is added I
    recieve four emails with the exact same comment.
    Perhaps there is an easy method you are able to remove me from that service?
    Thanks a lot!

  9. Everything is very open with a precise description of the challenges.

    It was truly informative. Your website is extremely
    helpful. Thank you for sharing!

  10. Eu sei que está fora do tópico, mas eu estou iniciando meu próprio blog e fiquei curioso sobre
    tudo o que é preciso para ter que otimizar. Acho que ter um blog como seu custaria uma
    fortuna. Eu não sou muito fã de internet não sou muito inteligente por isso não tenho certeza do
    que é necessário fazer. Então se você puder dar qualquer dica seria muito
    bem vindo. Saudações. http://www3.siba.fi/pitchprimer/emagrecer_urgente_dietas_dos_3_dias_emagreca_4kg_rapido_aqui_dieta_blog

  11. Hello, I think your blog might be having browser compatibility issues.
    When I look at your blog site in Chrome, it looks fine but
    when opening in Internet Explorer, it has some overlapping.
    I just wanted to give you a quick heads up!
    Other then that, terrific blog!

  12. I’ve learn some excellent stuff here. Definitely price bookmarking for revisiting.
    I wonder how a lot attempt you place to make such
    a wonderful informative website.

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Este sitio usa Akismet para reducir el spam. Aprende cómo se procesan los datos de tus comentarios.